KOEI乳酸菌

バイオジェニックスとは何か?

光岡知足先生「バイオジェニックス」とは、世界に冠たる東京大学名誉教授の光岡知足先生によって近年提唱された言葉です。


バイオジェニックスは、私たちもサプリメントなどを介して摂取することが出来るごく身近なものなのですが、同じような「プロバイオティクス」「プレバイオティクス」という考え方に比べれば、一般的にはあまり知られていません。


光岡文献定義 光岡先生の文献による定義では、直接、あるいは腸内フローラを介して「免疫賦活、コレステロール低下作用、血圧降下作用、整腸作用、抗腫瘍効果、抗血栓、造血作用などの生体調節・生体防御・疾病予防・回復・老化制御などに働く食品成分」と説明されています。


簡単に言うなら、「サプリメントとして、これを摂取すれば、直接的にまたは腸内環境の改善とともに、身体に良い影響を与えることが出来る成分」といったところでしょうか。


「バイオジェニックス」の代表格といえるのが乳酸菌生産物質です。この乳酸菌生産物質を私たちなりの見解で表現するならば、「乳酸菌が人の腸内で毎日生産している物質:すなわち、腸の中で(ビフィズス菌などの)善玉菌が作り出している、人の健康を正常に維持させるための物質」そのもののこと、というふうにいえるでしょう。

プロバイオティクス・プレバイオティクスとの違い

私たちの健康に寄与する機能性食品は、大きく分けて「プロバイオティクス」「プレバイオティクス」「バイオジェニックス」の3つのいずれかから成り立ちます。では、その3つの違いとはどんなものでしょう?


バイオジェニックスは、下の表の通り、腸内フローラを介することなく身体に直接作用することが、プロバイオティクス、プレバイオティクスとの大きな違いとなります。また、バイオジェニックスは、「生物により生成された」という語源の通り、タンパク質、酵素反応などで生成される二次代謝物であり、有機化合物(無機化合物は除外)であることがその条件となります。

3つの違いがわかる一覧表
名称腸内フローラとの関係具体的な食品
バイオジェニックス

腸内フローラを介さず身体に直接働きかける。腸内フローラのバランスが正常になるように働きかける。

乳酸菌生産物質
プロバイオティクスあくまでも生きた菌として腸内フローラのバランスを改善して体調調節を行う。但し体外より摂取した生きた菌は腸内にて発育・定着することは困難(多種類の菌を多量に毎日摂ることが必要)。ヨーグルトなどの発酵乳や乳酸菌飲料(生きた菌だけに限定されたもの)※1参照
プレバイオティクス腸内善玉菌の増殖を促し腸内フローラのバランスを整える。食物繊維やオリゴ糖を含んだ食品※2参照

バイオジェニックス

乳酸菌生産物質

他に、生理活性ペプチド、植物性ポリフェノール、カロチノイド、DHA、ビタミンなど

プロバイオティクス

※1:植物由来の乳酸菌(醸造乳酸菌)から作られたぬか漬け、味噌、キムチ、納豆菌から作られる納豆などの発酵食品、ビフィズス菌、乳酸菌、酪酸菌などの生きた菌を含んだサプリメント

プレバイオティクス

※2:サトウキビ、たまねぎ、キャベツ、ごぼう、アスパラガス、蜂蜜、バナナ、牛乳、ヨーグルト、ジャガイモ、ブドウ、きなこ、にんにく、トウモロコシなど(※ただし食品に含まれるオリゴ糖は少量)、オリゴ糖やデキストリンなどのサプリメント


プロバイオティクスは、人の健康に働きかける生きた微生物(細菌や酵母など)の働きを解説したものであり、プレバイオティクスは、腸内に棲みついている善玉菌の増殖を促し、腸内フローラのバランスを整える食品成分のこと(簡単に言うと善玉菌の餌になるもの)で、腸内フローラを善玉菌優勢にさせる手段になり得るものです。

 


しかしながらバイオジェニックスは、腸内フローラを介すことなく多種な働きを体にもたらす食品成分なのです。体全体に直接作用することで、腸内の免疫機能を活発化したり、コレステロールや血糖や血圧を安定させたり、活性酸素を減らしたりする可能性が研究・解明されつつあり、バイオジェニックスこそが、生活習慣病や老化の防止に有望だという考え方が広まりつつあります。


つまり、菌が生きているか死んでいるかはあまり重要ではなく、死んだ菌も含めて乳酸菌の作り出す物質:代謝産物と菌体成分が乳酸菌生産物質であり、腸内の免疫機能を刺激することで体全体の機能活性を促し、腸内フローラにも良い影響を与える、というメカニズムを理解し健康に役立てていくことが大切なのです。


この乳酸菌生産物質は、人間の健全な腸内を人工的に作り出した環境下いわば“体の外の工場”で作り出されますが、これこそバイオジェニックスそのものです。ビタミン、生理活性ペプチド、ポリフェノール、DHAなどの食品成分もこの範疇に入りますが、いずれも単一機能であって乳酸菌生産物質のように健康を司る統合機能は持ち合わせておりません。

バイオジェニックスの機能性食品としての作用機序

上で述べたような免疫機能の活発化(=免疫刺激)による体全体の機能活性は、下の図のような作用メカニズムで表すことができます。バイオジェニックスを中心に捉え考えてみると、腸内フローラ改善と免疫刺激が、相互に影響し合いながら生体機能活性を高めていくことが分かると思います。

図表:バイオジェニックスの機能性食品としての作用機序

バイオジェニックス食品,健康,作用

~光岡知足著:健康長寿のための食生活;(岩波書店)より引用・改変

バイオジェニックスは、プレバイオティクスやプロバイオティクスと違ったこれまでの腸内フローラ改善だけに留まらない生体機能活性をもたらす特性を有していることが分かってきています。バイオジェニックスは、プロバイオティクスの進化した形であり、プレバイオティクスなどと組み合わせて摂取し、生活習慣病予防や代替医療、健康維持、長寿のために利用されることに期待したいところです。

乳酸菌の新しいステージ

乳酸菌,原材料