乳酸菌を科学し健康な未来に寄与する乳酸菌生産物質の光英科学研究所

乳酸菌生産物質の光英科学研究所

KOEI乳酸菌

乳酸菌はなぜ体に良いのですか?(よくあるご質問)

 乳酸菌はなぜ体に良いのですか?

 私たちの腸には、およそ100~500種類、全体で100兆個(重さ約1kg)の細菌が棲んでいるといわれています。「100兆個」と言われてもピンときませんが、その数は世界の人口の約14,000倍※にもなります(※世界の人口を70億人とした場合)。そしてその種類と組み合わせは千差万別で、一卵性双生児でも腸内細菌のバランスは異なるといいます。

このように腸に棲む細菌を腸内細菌といい、善玉菌・悪玉菌・日和見菌に分けられます。乳酸菌・ビフィズス菌は腸の中で良い働きをしてくれる善玉菌です。乳酸菌・ビフィズス菌は腸内で乳酸を生成して腸内を酸性に保ち、悪玉菌や体外から入ってきた病原菌・ウィルスが棲みにくい環境を作ります。

また、乳酸菌がつくり出す乳酸や酢酸が、大腸を刺激して蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にして排便を促すと言われています。そして、乳酸菌は乳酸や酢酸のほかに様々な有効物質を作り出しています。そのうちのひとつが、ビタミンB群です。腸管を通じて皮膚の内部に到達して傷んだ元気のない細胞に働きかけ、細胞分裂を促す働きもあります。

このように、腸の中の乳酸菌・ビフィズス菌は私たちの健康を守っているのです。

乳酸菌の新しいステージ

乳酸菌,原材料