乳酸菌を科学し健康な未来に寄与する乳酸菌生産物質の光英科学研究所

乳酸菌生産物質の光英科学研究所

KOEI乳酸菌

正垣角太郎

seisanbushitsu01.jpg医師。
(1874~1937)
日本で最初に乳酸菌に着目した人物です。
日本で初めてとなるヨーグルト「エリー」の製造・販売を行う。







 

20世紀も初頭のこと、京都に住んでいた正垣角太郎氏は、メチニコフが発表した「ヨーグルト不老長寿説」を読んで感銘を受けました。やがて、自らの胃腸病克服のため日本で初めてヨーグルト「エリー」を製造、自らも飲用を始め、病を克服するのです。


日本で初めて乳酸菌の工業ベース培養に成功した正垣角太郎氏は、乳酸菌飲料事業が本格的にスタートさせ、氏が主宰する「研生学会」には乳酸菌飲料の先駆者たちが集まりました。乳酸菌研究など、簡単に受け入れられる時代ではありませんでしたが、精力的な研究を続け、画期的な4種類の乳酸菌共棲培養法を確立し、これが現代の乳酸菌飲料の原点となったのです。


なお、氏の乳酸菌研究は、長男:正垣一義氏が引き継いでいくこととなります。


 

【略歴】
大正3年:日本で初めてのヨーグルトを製造し、京都で販売開始。
大正14年:4種類の乳酸菌共棲培養法を確立し、現代の乳酸菌飲料の原点といてる「エリー」を開発・発売。

乳酸菌の新しいステージ

乳酸菌,原材料