乳酸菌を科学し健康な未来に寄与する乳酸菌生産物質の光英科学研究所

乳酸菌生産物質の光英科学研究所

KOEI乳酸菌

体の外の工場

体の中(腸内)には、生まれながらの常在菌が腸内フローラを構成して住みついています。これらの菌(善玉菌)は、乳酸菌生産物質のような様々な物質を作り出して人間の免疫等に関与し健康に寄与しています。


しかし、その腸内フローラのバランスが正常でない人が多いため病気となり健康を害しているという事実が存在します。また、加齢とともにバランスが崩れていくこともわかってきました。


そこで、腸内に向けて体の外から生きたビフィズス菌、乳酸菌を加えてやれば、その人が従来持っている常在菌を助けて腸内フローラが正常になるだろうという考え方(プロバイオティクス)があるのです。ですから、そういったものは胃酸に強くしたり、カプセルに入れて守ったりして生きた菌を腸まで届けましょう……という方向で開発されてきました。


kojo02.gifしかし、腸にはその人が生まれてから住みついている常在菌群が居て、その人固有の腸内フローラを形成しており、外から加えた自分たちの菌ではないものは発育・増殖させたがりません。


人間にとって体に良いとされる健康物質は、善玉菌が生育・増殖するときに放出されます。ですから、外から加えた生きた菌は体内では何も作れずに体外へ排出されてしまいます。


「よそ者は居住させないぞ、早く出ていけ!」とでもいうように……。


体に効果が充分にある物質を得るためには、どうしても常在菌など居ない環境にて、限りなく腸内善玉菌に近い菌群を選んで、のびのびと発育・増殖させ、そこから乳酸菌生産物質を取り出す必要があるのです。


「体の外の工場」とは、いわば、優れた物質を取り出すために人工的に用意した特別な環境のもとにある工場のことで、本来は健全な腸内環境で産み出されるものをここで工業的に作っている、といえます。

 


 


ヨーグルト乳酸菌もちろん、ヨーグルトもプロバイオティクスの考え方に基づく有用な食品ではあります。


ただ、ヨーグルトの効果というのは、そのヨーグルトを工場で製造するときに菌が発育・増殖しますので、微量の乳酸菌生産物質に近い物質が出来ることと、増殖した菌体そのものの成分が腸内にて少しの作用をさせてもらえるだけ、というところに留まります。


ですから、せっかくのヨーグルトも摂取量が少なければ一定の菌体を確保することが出来ず、腸内に有用菌を摂り入れることも出来ません。一説には「最低でも1日に200g、望ましいのは300~500gの摂取」と言われています。これは、メチニコフが「ヨーグルト不老長寿説」の中で100年前の時点で提唱したことでもあります。実際それだけの量を毎日食べるとなると、かなり大変ですね……。

乳酸菌の新しいステージ

乳酸菌,原材料