KOEI乳酸菌

各種試験結果・学会発表

私たちは人々の健康づくりに貢献する乳酸菌生産物質の優れた力と可能性を追求し、永年、研究に取り組んでまいりました。

こちらに挙げた各種
試験や学会発表は、その足跡の一部です。

 

(1)糖尿関連

  • 試験内容:糖尿病を誘発したラットに対する乳酸菌生産物質の効果
  • 被験物質:乳酸菌生産物質Ⅱ※※
  • 試験対象:ラット
  • 試験機関:株式会社薬物安全性試験センター

  • 試験内容:補助治療作用の検討
  • 被験物質:乳酸菌生産物質Ⅱ※※
  • 試験対象:糖尿病患者100名
  • 試験機関:北京中日友好医院中医内科

~飲用前後の血糖値の値、効果の有無の割合を示した~



披検物質
※※乳酸菌生産物質Ⅱ:豆乳を培地として複合乳酸菌で発酵させたものをろ過した際に得られる「ろ液」


 実験内容はin vitro(試験管)や、マウス等を用いた実験であり、これらの実験結果が人体への有効性を直接証明しているわけではございません。

(2)アレルギー関連

  • 試験内容:アレルギーモデルマウスに対する乳酸菌生産物質の効果
  • 被験物質:乳酸菌生産物質Ⅱ※※
  • 試験対象:マウス
  • 試験機関:株式会社田辺R&Dサービス

~エキスを投与しなかった群(無投与群)と比較して、血清中IgE抗体量の減少傾向が見られる~



披検物質
※※乳酸菌生産物質Ⅱ:豆乳を培地として複合乳酸菌で発酵させたものをろ過した際に得られる「ろ液」


 実験内容はin vitro(試験管)や、マウス等を用いた実験であり、これらの実験結果が人体への有効性を直接証明しているわけではございません。

(3)血中脂肪関連

  • 試験内容:db/db マウスに対する血中トリグリセリド濃度の変化
  • 被験物質:乳酸菌生産物質Ⅰ※
  • 試験対象:マウス
  • 試験機関:株式会社田辺R&Dサービス



披検物質
※乳酸菌生産物質Ⅰ:豆乳を培地として複合乳酸菌で発酵させたもの


 実験内容はin vitro(試験管)や、マウス等を用いた実験であり、これらの実験結果が人体への有効性を直接証明しているわけではございません。

(4)腫瘍関連

  • 試験内容:P388 細胞に対する増殖抑制効果(in vitro) 
  • 被験物質:乳酸菌生産物質Ⅱ※※
  • 試験対象:P388 細胞(マウス白血病細胞)
  • 試験機関:株式会社田辺R&Dサービス

~乳酸菌生産物質を作用させたときの増殖率の推移~

  • 試験内容:P388 細胞移植マウスに対する延命試験
  • 被験物質:乳酸菌生産物質Ⅱ※※
  • 試験対象:マウス
  • 試験機関:株式会社田辺R&Dサービス

~P388 細胞を移植してからの生存マウス数~

  • 試験内容:各種ヒト腫瘍細胞に対する増殖抑制作用(in vitro)
  • 被験物質:乳酸菌生産物質Ⅰ※、Ⅱ※※
  • 試験対象:各種ヒト腫瘍細胞
  • 試験機関:株式会社田辺R&Dサービス

~細胞増殖を抑制する効果を希釈倍率で評価した~

披検物質
※乳酸菌生産物質Ⅰ:豆乳を培地として複合乳酸菌で発酵させたもの
※※乳酸菌生産物質Ⅱ:「Ⅰ」をろ過した際に得られる「ろ液」


 実験内容はin vitro(試験管)や、マウス等を用いた実験であり、これらの実験結果が人体への有効性を直接証明しているわけではございません。

PDF版 乳酸菌生産物質・食品の各種試験一覧

上記(1)~(4)のPDF版です。印刷や保存をされる方は下のPDFボタンを押してください。

メタボローム解析(2010-2011年)

PDF版 メタボローム解析データ

印刷資料は、下のPDFボタンからダウンロードできます。

日本薬学会発表(2015年・2016年)

安全性試験(1998年-2005年)

乳酸菌の新しいステージ

乳酸菌,原材料