腸活に役立つ梶原悠未選手のアスリートレシピ

マネージャーとして支える、母・梶原有里さんに、梶原選手の普段からの食生活で気を付けていることなどをインタビューしました。数回に分けてお届けしますので、どうぞお楽しみに!!

マネージャー(母)梶原有里さんが語る、娘のための腸活アスリートレシピ
(1)お茶と間食について

梶原選手の幼少期から食事に気を配ってきたという母・有里さん。

添加物の少ない食品を食べるように気をつけ、飲み物もお茶や緑茶を飲んでいるそうです。

「最近はよく枇杷茶を飲んでいます」とのこと。

枇杷茶

枇杷茶を飲むようになってお腹の調子の良さを実感しているとのことですが、それもそのはず枇杷の葉は鎮咳、鎮痛、健胃、鎮嘔剤としての 食中毒、腸炎、下痢に効果があるのです。

飲み物もしっかり体調に良いものを取り入れる。

食事もトレーニング!と言われるとおり、口にするものにも妥協を許さない姿勢が伺えました!

トレーニングをこなし体を絞っているときも、甘いものを飲みたい、ケーキを食べたいという気持ちになることもあります。

そんな時は甘いものを我慢するのではなく、果汁100%のジュースを飲んだり、サツマイモと生クリームを混ぜて甘く調理したものをケーキの代わりに食べているのだとか!

練習のために滞在している伊豆では、美味しい添加物なしのみかんジュースや梅ジュースを楽しんでいるんですって!

ページトップへ