怖い悪玉菌

悪玉菌が増える原因

悪玉菌が増える原因は、次のような条件であると考えられています。


 食生活の乱れ ~ 欧米型の食生活(高たんぱく、高脂質)

 加齢 ~ 年齢を重ねる(老化)につれ、善玉菌が減少

 ストレス ~ わずかなストレスでも善玉菌は敏感に減少しやすい

 抗生物質、薬物の服用 ~ 菌叢バランスの乱れ


悪玉菌は、年齢と共に増加します。そして主にたんぱく質を分解して人の健康に対し有害な物質を作ります。


articleicon生活習慣病への近道


悪玉菌にとって、たんぱく質は絶好の餌といえます。小腸で消化吸収できなかったそれらの栄養素を悪玉菌が食べ、悪玉菌が増殖していきます。


主な有害物質
インドール、スカトール、アミン、アンモニア、
硫化水素、二次胆汁酸、その他
~二次胆汁酸を除き、便のいやな臭い成分。
アミン、二次胆汁酸は、発がん性物質




すると、インドール、スカトール、アンモニア、アミン、硫化水素等の有害物質が盛んに作られます。これらの物質が腸から吸収されると、その一部が少しずつ体内に蓄積され、健康を害するリスクは徐々に高まります。さらに、長い年月を経て生活習慣病の発症につながるといわれています。


また便秘になると、腸内に悪玉菌の餌となる食べ物のかすが、停滞し、さらに有害物質の吸収を増幅させます。ですから、なるべく便秘にはならないよう、常に心掛けたいですね。



バランスのとれた食事と排泄を習慣づけること、過食を控えることは、菌叢バランスを保つ大切な要素なのです。


ページトップへ