食べ物と腸内環境 善玉菌応援する食品

善玉菌をサポートする食品いろいろ

健康には腸内フローラを善玉菌優勢にすることが大切です。けれども腸内の菌叢バランスは、過食や不規則な生活・ストレスなどでたえず変動します。常に善玉菌優勢の腸内フローラに保つことはそう簡単ではありません。そこで、腸内フローラを善玉菌優勢へと応援する食品成分が近頃注目されています。


①プロバイオティクス


ヒトの体によい影響を与える生きた微生物(生菌)のこと。ヨーグルトなどに含まれる生きた善玉菌や、植物由来(醸造乳酸菌)の乳酸菌から作られたぬか漬け、味噌、キムチ、納豆菌から作られる納豆などの発酵食品が該当します。主にビフィズス菌、乳酸菌、酪酸菌などの生きた菌を含んだ食品を指します。
②プレバイオティクス


善玉菌の餌になる食品成分のこと。善玉菌を増やして腸内環境を整えるもので、オリゴ糖などがプレバイオティクスの代表です。オリゴ糖は、タマネギ、ゴボウ、アスパラガス、キャベツ、トウモロコシ、ネギや、大豆などの豆類、ハチミツ、バナナや牛乳などに含まれる成分(※ただし食品に含まれるオリゴ糖は少量)。また、善玉菌の栄養源となる食物繊維は、穀物、芋類、豆類や、海藻、キノコ、コンニャク、ゴボウやニンジンなどの根菜が挙げられます。キーワードは「まごわやさしい」です。
③バイオジェニックス


①②の食品成分は、腸内を善玉菌優勢に保ち、健康を手助けすることを目的としています。善玉菌を増やす=お腹の調子を整える。これは、善玉菌が作り出す代謝物質(乳酸菌生産物質)が腸内で働き・吸収され、ヒトの健康維持に貢献してくれることを意味します。バイオジェニックスは東京大学の光岡知足教授が提唱する善玉菌の代謝物である『乳酸菌生産物質』を直接体内に摂り入れようという健康法です。*バイオジェニックスに該当する食品成分はほかにも、ビタミンC・E・ベータカロチン・リコペン・ルテイン・フラボノイド・アントシアニン・カテキンなど多数あります。




articleicon善玉菌の有用性


あなたは、ヨーグルトやキムチ、味噌、ぬか漬けなどの
発酵食品を食べていますか?

お腹を元気にすると言われているこれらの発酵食品には、多くの乳酸菌が含まれています。

この乳酸菌は腸の中で、病原菌などから体を守る善玉菌に活力を与え、からだの健康のためにチカラを発揮しています。


乳酸菌の人の健康に役立つ活動とは……


・腸内乳酸菌の活性
・腸内菌バランスの安定
・有害物質の産生抑制
・免疫活性化
・栄養素の吸収促進
・有害物質の吸着と排泄促進
・その他

つまり……

善玉菌(有用菌)
腸内で発酵作用し、人の体に対し有用な働きをする菌


articleicon「まごわやさしい」と乳酸菌生産物質


しかし、いますぐ食生活を見直さなくては!!といっても、忙しい私たちにとって、急に食生活をガラッと変えるのは難しいことも事実です。下記にふだんの生活から取り組めそうなことを列記しましたので参考にしてください。毎日の中で、できることから見直してみましょう。


・「ま・ご・わ・や・さ・し・い」食事を心掛ける


大豆、あずきなど豆類
タンパク質、マグネシウムの摂取
ごま、クルミ、アーモンドなどナッツ類
不飽和脂肪酸、ビタミンEの摂取
わかめ、昆布、海苔など海藻類
ヨード、カルシウムの摂取



野菜、根菜類
ベータカロチン、ビタミンCの摂取
、魚類
タンパク質、オメガ3脂肪、亜鉛の摂取
しいたけしめじなど茸類
多糖類、食物繊維の摂取



じゃがいも、さつまいもなどイモ類
食物繊維、炭水化物の摂取





善玉菌が喜ぶ!健康食としての和食




腸のおはなしTOPにもどる

ページトップへ