善玉菌応援♪腸内フローラ元気レシピ (4)

articleiconお豆腐サラダ塩麴ドレッシング

野菜と一緒に良質なたんぱく質をとることができる!
塩麹ドレッシングが決め手の簡単・ヘルシー!さっぱり豆腐サラダレシピ♪

<材料> (2人分)
豆腐 半丁
ベビーリーフ 1/2袋
大葉 2枚
みょうが 1個
長ネギ 1/8本
ミニトマト 3個
ちりめんじゃこ 大さじ1 黒ゴマ 少々

<塩麹ドレッシング
塩麹 大さじ1
レモン汁 大さじ1
酢 大さじ1
しょう油 小さじ1
ゆず胡椒 少々

 

1
長ネギは白い部分を使用し、白髪ねぎをつくる。
2
大葉、みょうがは千切りにする。
3
豆腐を食べやすい大きさに切る。
4
1~3とベビーリーフを盛り付ける。
5
ドレッシングの材料を合わせ、混ぜ合わせる。
6
最後にちりめんじゃこと黒ごまをふり出来上がり

 



善玉菌応援ポイントと調理のコツ

articleicon和食アドバイザー検定協会 林 希巳与先生のコメント
お豆腐は善玉菌応援のテッパン食材。サラダにしたら野菜と一緒に良質なたんぱく質をとることができます。

夏は暑さのために食欲が落ち、脂身の多いお肉に食欲がわかないものです。 でも、暑さに関係なく、成人で一日50~80gのたんぱく質を摂取しなければならないといわれます。野菜サラダにも、冷奴にも飽きた・・・そんな時には両方を効率よく摂れるお豆腐サラダを試してみてください。善玉菌応援食材としては、豆腐と野菜、塩麴です。長寿食として世界中からも注目される「豆腐」は、大豆発酵食品。大豆の栄養成分に加えて胃腸にも優しいオリゴ糖が含まれます。オリゴ糖は、腸の中でビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌のえさになって、これらの菌を増やす働きがあります。塩麹は文字通り「塩と麹」に水を加えて発酵させたもの。調味料としてすっかり定着した感がありますね。塩麴は、食事でしか摂取できない必須アミノ酸や、ビタミンB、乳酸菌を含むことから腸内環境を整えるのにも役立ちます。今風にいうと豆腐のパワーサラダでしょうか。夏、どうしても食欲がでないというときでも、さっぱりと美味しく食べられます。

ページトップへ