腸内環境を良好に保つためには?

腸内環境を良好に保つためには?


動物性脂肪や動物性タンパク質を多量に摂るようないわゆる肉食型の食生活をはじめ、甘いものやスナック菓子・炭酸清涼飲料水などのジャンクフード、スーパーやコンビニ・ファストフード店の化学合成添加物を多種類使用した加工食品などなど……。

これらを常食するような現代の食生活では、本来健康に欠かせないビタミンや食物繊維、ミネラルなどの栄養素が不足してしまいます。仮にこのような食生活を続けていった場合、当然のことながら健康に良からぬ影響を与えてしまいます。


articleicon食生活が乱れると……


『スーパーサイズ・ミー/Super Size me』という映画をご存知でしょうか? 2004年に公開された米国のドキュメンタリーで、米国に蔓延する肥満という社会問題に対してファストフード業界が及ぼす影響に警鐘を鳴らす映画でした。

監督(モーガン・スパーロック)自身が、1日3食30日間ファストフードだけを食べ続けたらどうなるかを記録したものです。



スパーロックは、当時33歳/身長188cm/体重84.1kg/体脂肪率11%/BMI指数23.2で、3人の医師からお墨付きをもらう健康体でしたが、30日後に体重は11.1kg増え、体脂肪率は18%になり、BMI指数も27、躁うつ・性欲減退……さらに、深刻な肝臓の炎症を起こしたことを記録しています。

映画の例は少々極端ですが、このように乱れた食生活を続けると、肥満という問題を招くだけではなく、栄養分を吸収する腸管にも悪影響を及ぼします。

どのようなことかといえば、栄養バランスの悪い食生活を続けると、腸管の善玉菌は減り、悪玉菌が大喜びして多量に繁殖するようになるのです。悪玉菌が多量に繁殖することにより、腸管内に毒素が発生しますが、その毒素が、人の健康に悪い影響を与えて老化を早める原因になってしまうともいわれています。


articleicon「まごわやさしい」と乳酸菌生産物質


しかし、いますぐ食生活を見直さなくては!!といっても、忙しい私たちにとって、急に食生活をガラッと変えるのは難しいことも事実です。下記にふだんの生活から取り組めそうなことを列記しましたので参考にしてください。毎日の中で、できることから見直してみましょう。


・「ま・ご・わ・や・さ・し・い」食事を心掛ける


大豆、あずきなど豆類
タンパク質、マグネシウムの摂取
ごま、クルミ、アーモンドなどナッツ類
不飽和脂肪酸、ビタミンEの摂取
わかめ、昆布、海苔など海藻類
ヨード、カルシウムの摂取



野菜、根菜類
ベータカロチン、ビタミンCの摂取
、魚類
タンパク質、オメガ3脂肪、亜鉛の摂取
しいたけしめじなど茸類
多糖類、食物繊維の摂取



じゃがいも、さつまいもなどイモ類
食物繊維、炭水化物の摂取



・化学合成添加物が多種類入っている加工食品をできるだけ避ける
・塩分(ナトリウム塩)の摂り過ぎに注意する
・暴飲暴食をしない
・アルコールの大量摂取をしない
・禁煙を心掛ける
・適度な運動を取り入れる


また、サプリメントなどの形で手軽に乳酸菌生産物質を摂り、毎日の生活習慣にすることで腸の健康を維持することもひとつの方法です。



腸のおはなしTOPにもどる

ページトップへ