KOEI乳酸菌

企業理念

存在理念
乳酸菌生産物質で、世界人類の健康増進に貢献する



創始者から永年継承し培われた、独自の共棲培養技術による乳酸菌生産物質を提供することにより、世界人類が健康で長寿の豊かな人生を営むことに貢献しつづける

経営理念
乳酸菌生産物質のエクセレントカンパニーとして、世界へ普及しつづける



私たちが永年かかって創造した科学的なバイオ技術によって作られる製品が、日常の体調維持はもちろん、疾病の回復促進などに対し、オールマイティーに多くに人々に活用されることを目指す

「使う方・提供する方・作る者」すべての人から愛されるナンバーワンを目指して、更なる研鑽を重ね自主独立の精神で邁進する

行動理念
使う方・提供する者の健康で豊かな生活実現を目的とする最高の純正なる乳酸菌生産物質を、メーカー責任を持ってつくる

沿革(1)黎明期

日本における乳酸菌生産物質の草分けであり、第一人者である正垣一義氏は、大正10年に微生物の研究を始め、昭和18年に大連にて大谷光瑞農芸化学研究所次長に就任、昭和23年に寿光製薬(株)を設立以来、義報社から法光科学研究所に至るまで、乳酸菌生産物質の歴史を築き上げられてきました。


弊社は、昭和44年に光英科学研究所として、正垣一義氏より研究専門機関として設立の命を受け、乳酸菌と、その代謝物に関する研究と培養技術を踏襲し、現在に至っております。『光英科学研究所』の社名は正垣一義氏によって命名されたものです。

1905年 明治38年

正垣角太郎氏はエリーメチニコフの「長寿論」に傾倒し、わが国初のヨーグルトを開発した

1914年 大正3年

正垣角太郎氏は子息である一義氏と日本最初のヨーグルトを京都市の真如堂の近くにて“エリー”という名称で製造販売を始めた

1925年 大正14年

京都大学の近藤金助、木村廉、代田稔先生等の賛助を得て、研政学会を設立する(4種類の乳酸菌の共棲)

1937年 昭和12年
  • 角太郎氏の子息:正垣一義氏は、ソキン製薬株式会社を設立
  • 「潤生ソキン」を医薬品として販売、生きた乳酸菌末として陸軍と共同研究(8種類の乳酸菌の培養)

1944年 昭和19年

正垣一義氏は、中国大連にあった西本願寺・第22代法主:大谷光瑞師の大谷光瑞 農芸化学研究所にて次長を命じられており、光瑞師から「仏典・涅槃経」に生きた菌ではなく、菌の分泌物に有効成分があるという記述のあることを指摘され、16種共棲培養による代謝産物の製法を完成させた

沿革(2)激動期

1948年 昭和23年

正垣一義氏は、光瑞師の命による寿光製薬株式会社を東京銀座に設立し、代謝産物による製品「ステルヤング」(液体)を製造販売し、全国的に拡販活動を行う

1949年 昭和24年

現・光英科学研究所の会長 金廣静子、入社

1950年 昭和25年

正垣一義氏は、2回にわたり国会にて「長寿論と有効細菌」と題し講演を行い、文部大臣、厚生大臣から賞詞受領

1951年 昭和26年
  • 大谷光瑞 農芸化学研究所を株式会社義報社と社名を改め、東京目黒区に移設、製品として「味のちえ」(調味料)、「ピカヤング」(化粧品)の製造販売
  • 現・光英科学研究所の社長:村田は、1959年(昭和34年)入社
1961年 昭和36年

社名を法光科学研究所と改め鎌倉市に移設

沿革(3)成熟期 

1969年 昭和44年

現、会長の金廣と村田は、正垣一義氏により光英科学研究所の名称により、原料供給と、研究専門機関の設立の命を受け、東京都目黒区にて創業を開始

1994年 平成6年

大量生産のため、埼玉県和光市に生産工場を設立し、有限会社光英科学研究所として法人化する

1995年 平成7年

千葉県茂原市に千葉中央研究所を設立

2002年 平成14年

株式会社光英科学研究所に組織変更

2009年 平成21年
  • 理化学研究所内 和光理研インキュベーションプラザにて新規事業開発に取り組む(平成26年卒業)
2013年 平成25年
  • 城西大学薬学部と共同研究
  • 第58回日本薬学会関東支部会で学会発表『乳酸菌生産物質経口投与のUVBヘアレスマウス皮膚における経表皮水分損失量・角層水分量に対する影響』
2014年 平成26年 
  • 国立大学法人お茶の水女子大学と共同研究
  • 経済産業書・戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン)採択

創業目的

光英科学研究所は乳酸菌生産物質(発酵代謝産物)の製造および、さらなる研究開発を行うとともに、これを広く世界に普及することを目的として設立されました。

現在、生活習慣病と呼ばれる現代病や、人の老化現象までが腸内環境の悪化と密接な関係にあることが判明しています。腸の健康がその人生を左右するといっても過言ではありません。

弊社は長年の研究で培われた共棲培養技術を継承しつつ、腸の健康と「乳酸菌生産物質」の大切さを発信することで、多くの方の健康な未来に貢献していきたいと思います。

創業目的

乳酸菌の新しいステージ

乳酸菌,原材料